川西市水泳協会は市民温水プールでまったり

キセラ川西せせらぎ公園の南のはしっこ川西市市民温水プールでの毎日を綴ります 川西市水泳協会は地味にがんばっています

2017年07月

DSC_0377
第2回目のキセラカフェに参加してきました。
以前参加したときに思いつくままに、ミニトライアスロンみたいな
スポーツイベントがやってみたいと口走ってしまったのですが
意外に今回その私の案に皆さんが関心を示してくださって・・・

川西市水泳協会のひとつの課題として
協会員を増やすということがあります。
市民温水プールの利用者自体がそんなに多くない中で
ボランティア活動や水泳指導にも協力してくださるような
平日の昼間に自由な時間のある
水泳好きな人となると・・・
これがなかなか難しいのです

でも、もっとアピールしなきゃいけないですよね
やり方を知らない
やる力がない
やる覚悟がない
一歩も踏み出さず、あかんな~と文句言ってる
そういうのがもう本当にいやになってきました

そこで!
スポーツイベントなのです
小さな子供から年配の人まで、この公園の芝生の公園に集まって
一日楽しく過ごすのです
いろんな種目のスポーツやってる人が集まって
いろんなアイデアを出して
何か楽しい競技をやって
プールの宣伝をしたり、協会員を募集したり
他の種目の方たちとも交流を深めれば
次のステップが見えてくるかもしれない・・・

キセラカフェに参加されてる方のおっしゃるには
初めから大きなことを考えるのではなくて
小さなイベントから始めて
徐々にイメージに近づけていけば、ということなのですが。

いずれにしても
仲間が必要です
自由な発想と行動力のある誰か
いっしょにやりませんか?

始まりました!夏休み

夏休みの市民プールは子供たちがいっぱいです
特に土日はお父さんと泳ぎに来ている子たちも
増えていると感じます
小さな子を着替えさせて、遊ばせて、お茶を飲ませて
プールに入るのは結構手間がかかるけれど
冷たい水に入ることを純粋に楽しめれば
それだけでも親子の楽しいスキンシップの時間になります
間違っても「水泳を教え込もう」とか思わないことですね
大概失敗しますね
夏休みのプールはやっぱり「成果」じゃなく「思い出」
だと思います
日頃スイミングや水泳教室で泳いでいるのとはちがって
家族と来るプールはひたすら自由に楽しく遊ぶところで
あって欲しいと思います
水に入る快感は人間の本能に根ざしたものでしょうし
それを親子で共有できるのはとても幸せなことです
幸せな夏を満喫してください



IMG_20170710_165119

7月に入り、市民温水プールの前に大きな公園がオープンしました
気持ちよさそうな芝生スペースや、ジョギングロードがあって、今後ここで
様々な催しが行われたり、市民の皆さんが集う場所として利用されていく
予定です。
今は梅雨で、降る時は土砂降りだったり晴れるときはかんかん照りだったりで
とてもこの公園をゆっくり散策・・・なんて雰囲気ではありませんが。

でも川西にはこういう場所はいままでなかったので、楽しみです
植えられた木々がもう少し繁って、柔らかな木陰を作ったり、小鳥が巣を作ったり
生き物の気配が感じられるような公園に育ってくれればいいなと思います

水泳協会の行事としては、親子水遊びかにっこの3回目が無事終了し
先週から 小学生対象の ジュニア水泳教室が始まっています
約40人の子供たちがすご~く頑張っています!

IMG_20170710_163749-1
















2階ロビーで受け付けしています。
受付係をしているのは受講生のママさんです。
プールに一人で入るのが初めての子もいますが、引率担当コーチがいっしょに
更衣室に入ります。
男性コーチはいないのですが、水泳協会の「じいじ」がお手伝いしてくれます。
ジュニア水泳教室は、多くのボランティアにささえられているのです。

IMG_20170710_163945-1






















赤いおそろいのキャップを貸し出しています。
担当コーチが毎日家に持ち帰り、洗って干して持ってきます。

7日間の短期教室ですが、子供たちは飛躍的に上達しますよ
7日間というけれど、ぎゅっとまとめれば7時間
7時間といえば、言ってみれば丸一日
頑張れば一日で!
たった一日で!
子供って泳げるようになるのです

凄いですね w(*゚o゚*)w

だから1分1秒を大切に泳いで欲しい
集中は必ず結果につながると
信じています









↑このページのトップヘ